ピアノを高く売ることについてのコラムのような記事

ピアノ買取業者は数多ありますが、不要になった大切なピアノをどこよりも高価に買い取ってもらえることはやっぱり願ったり叶ったりですよね。無料で買取の見積もり金額などをチェックするフォームを利用すれば、安心して売却できるというものです。また、ピアノの運送費用の負担の問題もありますので、そこが無料になっている業者に買い取ってもらうことができればありがたいことこの上ありません。買取料金を高くする裏技として考えられることといえば、具体的にはお持ちのピアノの価値があるということを証明することです。たとえば、地震や火災といった災害に見舞われたことのあるピアノに関しては買い取ってもらうことさえできませんが、そうでないことを逆に証明することができれば、むしろ高価買取につなげることができるというわけです。そのほかにも、ブランドピアノであるというだけで、買取の金額がアップすることは間違いありませんし、そのピアノ自体の希少価値があるものであったり、他にないオプションであったり、オーダーメイドの仕様であるというだけでも、プラスアルファの買取価格の上乗せが期待できるかもしれません。また、経年劣化などの影響が少ないものほどよりお高いお値段で買い取ってもらうことも可能になると思われます。ミュゼ ログイン

この期に及んでセクハラ防止の研修会だって。なんだそれ。

おじさん社会でセクハラ防止の研修会に実際に出席して学ぼうなんて思う人って本当に少数で、ほとんどのおじさんはそのあたりのことを小ばかにしているんですよね。会社でもコンプライアンスなどをいろいろ言われるようになり、それなりに講習会などを設けていますが、実際に参加しているのは30代くらいまでの人、40代でも前半、それ以降の人たちはわかっていると言わんばかりに欠席しています。それよりも仕事が忙しいとか、なにかと理由をつけているんですよね。
出る必要がない、いちいち教わることなのかという気持ちが一番強い世代がああいう風にセクハラをしてしまうんです。
特に官僚なんてプライドの高い人間はきっと人から、特にセクハラのことを教えるとなると女性などになると思うので、そこからして受け入れられないんです。
勉強馬鹿、あたまでっかちの応用力のないおっさんにこそ一番聞いてほしいのに、ってこういうのを見るたびに思ってしまいます。