この時期なのに我が家に意外な客人がやって来た

この時期なのにっていうのは言い過ぎかもしれないけど我が家の玄関にカマキリがやって来た。何気に今年はカマキリとスズメバチ、カナブンをよく見る気がする。で、そのカマキリはたぶん昼間に開いていたドアを通って入って来たのだと思う。そんなに長く開けていなかったと思うけど。そしてそのカマキリ、サイズがかなり小さい。今年生まれたのだろうか。更には色が茶色で、そこだけ見るとなんか年寄りみたいな感じもする。しかし外は1桁であろう気温、特に害もないと思うし追い出すのも可哀想な気がしてそのまま放っておいた。すると、なんという事でしょう。カマキリはそれから数時間が経っても同じ場所にいるではありませんか。家の中とはいえ、体温を自分で調節する事が出来ないカマキリにはよっぽど寒いのだろうか。この先我が家で食料や水を調達するのは難しいとは思うが、このカマキリは一体どこに向かうのだろうか。もう冬直前なのにこんなお客さんがやって来るなんて思いもしなかった。

フィギュアスケートロシア選手ユーリャ・リプニツカヤ引退

フィギュアスケートのリプニツカヤが引退した。引退原因は拒食症とのことだが、正直驚いた。成績が伸び悩んでいることは知っていたが、その裏にメンタル面で障害があったとは。均整の取れた顔に美しい青い瞳で人目でファンになったのだが、ソチ五輪で団体での金メダルを手にしたころはそこまで美しいとは思わなかったし、子供過ぎて美の対象にはしないというか、してはいけないような幼さがまだあった。しかし、それから1年ちょっとすぎたころには成長し美少女へと変貌していた。その時の黄金期の画像はいまでもウットリする。フィギュアから入ったファンではないから、競技についてはよくわからない。しかし、メディア露出がなくなるのは悲しいが、健康が損なわれるような人生は本人も苦痛だろうから、治療に専念していただきたい。競技から離れて一般人となればそのストレスからも解放されるので、完治するだろう。いや、してほしい。今は彼女のことを思い願うばかりだ。